コーヒーのメリットデメリット

世の中コーヒー好きが多いですよね。

日々新しく発売される缶コーヒーや、自宅で簡単に美味しいコーヒーが楽しめる家電。

そして次々とオープンするコーヒー専門店。

私自身は子どもの頃はコーヒーが飲めませんでした。

大人になってからもあまり好きな方ではなかったです。

でもそれは間違いでした。

私がいつも飲まされていたコーヒーはインスタントコーヒーだったのです。
母はコーヒーが好きだったのですが、もったいないからと言って家では常にインスタントでした。

だから私はインスタントの味しか知らなかったのです。
しかし一緒に喫茶店に行って飲んでみたコーヒーの美味しさに目覚めました。

今まで飲んでたものと全く違う!!
私もコーヒーに目覚めたので、実家では母とドリップコーヒーを買っては飲んでいました。

そして結婚した今、主婦として台所を牛耳っている私。
コーヒーメーカーを購入して、日々美味しいコーヒー豆を探しては楽しく嗜んでいます。
勿論その時の水は美味しい天然水です♪

近所にKALDIが出来たのも大きいです。
安くいろんな種類のコーヒーを購入することが出来ます。

スタバのコーヒーも大好きなのですが、高くて滅多に買うことが出来ません。
スタバは豆も高いんですよねえ。でも美味しいんですけどね。

そんなコーヒーですが、カフェインが入っているとか、カラダに悪影響だとかマイナスなイメージがありませんか。

実はそんなことないんですよね。
カフェインは眠気を覚ますという効果があることから、子どもに摂取させると興奮したり寝なくなったりといわれています。

確かに覚醒作用があるので、子どもには余りよくないかもしれません。
でもこの作用で受験勉強の学生たちにはいい効果もあるのです。

集中力が上がったり、間違いに気づきやすくなったりするそうです。
他にやる気の向上やリラックス効果もあるそうです。

ウツ病にも効果があるという研究結果もあるそうです。
他にも美容関係で老化現象を抑えたりと、様々なプラスの効果もあるのです。

あまりにも大量に飲まずに、上手に適度に飲むことで思わぬ効果があるかもしれません。

必ずしもブラックで飲まなくても、自分の好きなものを入れて飲む方がストレスなく飲めていいそうです。

そして今コーヒーの専門店では、新たな波が来ているのだとか。
サードウェーブと言われる、高品質のコーヒー専門店のことです。

豆や焙煎方法にこだわった専門職がこだわりのコーヒーを提供するというお店です。

まず、ファーストウェーブというと、低価格にこだわった大量生産・大量消費で真空パックにしていろんな人たちが楽しめるというものでした。

そして、今不動の人気になりつつあるセカンドウェーブはセルフ方式のスタバなどのシアトル系コーヒーチェーン。

まだまだ第2波が主流で第3波が押してきてはいないようですが、確かに地元でもコーヒー専門の喫茶店が続々と開店してきています。

田舎に多いのかもしれませんが、コーヒー好きな人は高いお金を出しても飲みたいと思うものですからね。

これからもコーヒー業界の波は変動がありそうです。そしてもっともっと美味しいコーヒーが飲めるということを期待しています。